深煎り【ニカラグア】エル・ポルベニール2018

・ グラム指定
・ 挽きかた



【2018年ロットの風味特徴】

ダークチョコレートのようにボリュームのある甘さ、ナッツ類のオイルを感じる質感、アップルパイのような淡い酸を伴った蜂蜜の甘み、ラベンダーを連想させるエレガントな花の風味。
様々な味わいが複雑に絡み合っている。
ダークチョコ、アーモンド、アップルパイ、はちみつ、ラベンダー



【2017年ロットの風味特徴】
バニラやビターチョコレートのような深煎り特有の濃厚な甘さとラベンダーやカシスを連想させるエレガントな酸味とのバランスが、全体をリッチで複雑な味わいへと引き上げている。
なめらかな質感も相まって、飲んだ満足度も非常に高い。

【2016年ロットの風味特徴】
カシスソースの入ったビターチョコレートを思わせるほのかで重厚感のある酸とリッチな甘さ。
冷めるにつれシナモンやバニラといったエキゾチックな印象が顔をのぞかせ、余韻はココナッツのような複雑味のある甘さで長く続く。

【2015年ロットの風味特徴】
バニラやシナモンを思わせる甘いスパイスの風味に、デラウェアを思わせる柔らかく優しい酸味、ブラウンシュガーのような甘さがバランスよく加わり、厚みのある飲み心地を実現している。
後味はキャラメルのような甘さが続く。

【2014年ロットの風味特徴】
バニラのような甘い香り、深煎りならではのビターチョコレートを思わせるほろ苦さと甘さ、生クリームのように滑らかな舌触りが特徴の上品な印象のコーヒー
冷めてくるとダークチェリーやシナモンも感じられる。

【2013年ロットの風味特徴】
クリーミーでボリューム感のある舌触りに、チェリー、オレンジ、洋梨などの果実感、ミルクチョコレートやサ トウキビを思わせる甘さの印象が心地良い。
全体的にリッチで上品な質感のあるコーヒー。

【2012年ロットの風味特徴】
ローストアーモンドやヘーゼルナッツを思わせるナッツ系のフレーバーに、メロンやピーチなどの酸と甘さを伴った複雑な印象を感じる。
長く続く甘いアフターテイストが感じられる。

【2011年ロットの風味特徴】
ミルクチョコレートやカシューナッツ、キャラメル、ライチ、ストロベリーなど、多くのフレーバーが絶妙に絡み合い、複雑で立体感のある甘さと、流れるような舌触りを作り出しています。



「エル・ポルベニール農園」 - Finca EL PORVENIR.
生産者名   セルジオ・ノエ・オルテツ
農園の場所   ニカラグア ヌエバセゴビア サンフェルナンド
農園の標高   およそ1160m
品種   パカマラ
収穫年   2018
生産処理   DFパルプトナチュラル

>>> この農園のフォトギャラリーを見る! <<<
(別ウインドウで開きます)


【生産者名】
セルジオ・ノエ・オルテツ

【所有農園】
エル・ポルベニール農園
エル・ポルベニール農園のオーナー、セルジオ・ノエ・オルテツ氏。
彼はカッパー(カッピングでコーヒーの評価を行う人)としても有名で、日本を始め、多くのコーヒー消費国で開催されているスペシャルティコーヒーのイベントにも積極的に足を運んでいます。
彼はコーヒーに対する情熱や知識、そしてカッパーとしての経験やスキルを、自身が経営する農園でも余すことなく活かしています。
自らの知識や経験をフィードバックさせることで数々のコンテストでも入賞を果たし、スペシャルティコーヒーの世界でも有名な生産者の一人となりました。




【豆のまま】・・・粉に挽かずにお包みします
 【粗挽き】・・・フレンチプレス・金属フィルター
 【中挽き】・・・ペーパーフィルター
 【細挽き】・・・水出し

※当店ではエスプレッソ用の極細挽きは行っておりません。