深煎り【91】エル・ミラドール2016 - 水洗式

・ グラム指定
・ 挽きかた
・ 購入数



【2016年ロットの風味特徴】
キャラメルやメープルシロップといったなめらかでボリューム感のある甘さと、リンゴのように柔らかく淡い爽やかな酸の印象とのバランスが良い。
後味は深煎りならではのダークチョコレートのような甘さが長く楽しめる。
キャラメル、メープルシロップ、 赤リンゴ、ビターチョコレート



【2015年ロットの風味特徴】
深煎りならではのローストアーモンドのような味わいに、生クリームを思わせるなめらかな質感が特徴。
ねっとりとした甘さと淡い酸味はドライマンゴーのよう。
後味にはビターチョコレートのようなほろ苦さと甘さが長く楽しめる。

【2014年ロットの風味特徴】
フルボディの赤ワインのように厚みのある味わいが特徴。
ダークチョコレートのような甘さを持ちながら、カシスやブラックベリーといった重みのある果実感も感じられ、複雑味と濃縮感があるコーヒー。

【2013年ロットの風味特徴】
厚みのある甘さが特徴的で、ダークチョコレートのように舌に乗る濃厚な甘さを楽しむことができる。
バニラやシナモン、ブラックベリーのような風味も感じられ、焼き菓子や生クリームとの相性も良い。

【2012年ロットの風味特徴】
ココアのようにしっとりと口に広がるビターネス。
わずかにリンゴのような果実感を残しつつ、ダークチョコレートを感じさせる落ち着いた甘さが長い時間、口の中にやんわりと残る。

【2011年ロットの風味特徴】
カカオ分の多いチョコレートのように、しっとりとほろ苦い味わい。
ココアのように滑らかな口当たりと、ほんのりと甘く口に残るアフターテイストが、落ち着いた印象を演出します。



「エル・ミラドール農園」 - Finca EL MIRADOR.
生産者名   フェルナンド・リマ
農園の場所   エルサルバドル サンタアナ
農園の標高   およそ1800m
品種   ブルボン種
収穫年   2016
生産処理   パルプトデスムシラージド

>>> この農園のフォトギャラリーを見る! <<<
(別ウインドウで開きます)


【生産者名】
フェルナンド・リマ

【所有農園】
エル・ミラドール農園
サン・パブロ農園
エルサルバドル、サンタアナ火山の斜面に農園を持つフェルナンド・リマ氏。
彼の所有する農園は標高が高い位置にあることからコーヒーの実がゆっくりと熟します。
また、コーヒーの木を直射日光から守るシェードツリーにスギを使用していることも特徴的で、落葉後、すばやく分解してコーヒーの木を養分となることを目的としています。
フェルナンド氏は長距離のランナーでもあるため農園内を歩くスピードがとても速く、私たちは険しい傾斜の農園を彼について行くのがやっとです。
訪問時には毎回ディナーに招待してくれるなど、とても紳士的な一面のある生産者です。



【豆のまま】・・・粉に挽かずにお包みします
 【粗挽き】・・・フレンチプレス
【中粗挽き】・・・金属フィルター・ネルドリップ
 【中挽き】・・・ペーパーフィルター
【中細挽き】・・・サイフォン
 【細挽き】・・・水出し

ハンドドリップやコーヒーメーカーの場合は、使用するフィルターがペーパーフィルターか金属フィルターかを目安にしてお選びください。
※当店ではエスプレッソ用の極細挽きは行っておりません。